小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

2日目のリハーサル

2011.09.27 23:50

少し前に大道具のスタッフ達が、トビ職人が着るような
ダボッとした和風のヘンリーネックシャツというか、
テキ屋の方が着ているような愛好シャツというか、
ともかく背中に筆で達筆が印刷されているような黒いシャツを
メンバーと僕にプレゼントしてくれました。

2日目のリハーサルの時、はっと気がつくと、
ステージの上で彼らがみんなそれを着ていて、
つまり田原もということですが、
それならということで僕も持ってきてもらって、
全員でそのシャツを着て、最後のリハーサルをやったのです。

リハーサルというのは、
いつも最後にそのセットリストのオープニングをやるのですが、
もう最終公演が終わったから言っちゃうけど、
「オープニング〜かぞえうたの一部〜Prelude」というのを、
このツアーのリハーサルの最後に毎回やっていたのです。

だから、「Prelude」が今ツアーのリハーサルの
最後の曲だったということです。
誰に言われるわけでもなく、黒い服を着て、
リハーサルをやっているメンバーを見ながら、僕も弾いていたんだけれど、
なんとなく彼らのスタッフに対する無言の感謝が伝わってきて、
少なくとも僕にはそう感じられて、ぐっとくるものがありました。
前にもそういうことがあったのかどうかは憶えていないけれど、
ミスチルらしい光景でした。

ちなみに僕の黒いシャツの印象は、
サングラスと相まって、似合っていると大いに評判でした。


BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。