小林武史によるダイアリー。日々の出来事や、現在進行中のプロジェクトについて、今考えていることなどを綴ります。

僕の見解です

2011.12.31 13:00

詳しいことは、このブログではもう書きませんが、
書きたいことは、大沢伸一君の巻き込まれたことについてです。
本当は昨日書いていたのですが、
スタッフから1日待ってみたらどうかと言われ、
1日待ったら書くべきことが違ってしまって、
あらためて書き直しています。

知っている人はわかるでしょうが、
知らない人は、調べてみてください。すいません。

僕がここに書く理由は、
今夜代々木VILLAGEのイベントに来てくれる人、
それ以外の人もですが、
少しでも残っている誤解を完全に解きたいからです。
大沢君自身もコメントしていますが、
僕からも、みんなにお伝えしたいのです。

彼が突然拘留されてしまった日から数日間、
関係各位や弁護士団の話からも、
僕たちは、大沢君は無実だという確証を得てました。
比較的早かった釈放は当然のことで、
個人的には今後、間違った逮捕の責任を追求するべきだ、と思っていました。
そこへ忘れかけた頃に、29日の報道が出たのです。

ありとあらゆる角度から考えて、
そして、感じられるものすべてを動員して言えるのは、
大沢君は、100%無実であるということです。

彼は、敢えて普通に生活し、音楽活動をやっています。
個人的にもやってほしいです。

過ぎたことかと思っていた頃に、このような記事が出てしまい、
記事を読んだ一般の人たちは、
おおよそ、こういったことがあったのだろうと
信じてしまう現実に、深い無力感を覚えました。
このブログを読んだみんなが、
簡単に「無実なんだ」と思いきれないところも、
この手の報道の怖さだと思います。

ただ泣き寝入りにして、
終わらせないようにしないと駄目だと、強く感じています。
市民として、ちゃんとこういった権力に対して言うべきことを
伝えていかなくてはいけないと思っています。

僕ばかりが熱くなっても仕方ありません。
本当に辛かったのは大沢君なのですから。

いずれにしても、今年ももう残り少なくなりました。
年越しは目一杯頑張ります。



BACK
NEXT

小林武史

音楽プロデューサー、キーボーディスト。Mr.Childrenをはじめ、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手がける。映画『スワロウテイル』(1996年)、『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)、など、手がけた映画音楽も多数。2010年の映画『BANDAGE(バンデイジ)』では、音楽のみならず、監督も務めた。03年、Mr.Chilrenの櫻井和寿、音楽家・坂本龍一と自己資金を拠出の上、一般社団法人「ap bank」を立ち上げ、自然エネルギー推進のほか、「ap bank fes」の開催、東日本大震災の復興支援など、さまざな活動を行っている。